消費者金融を徹底比較

当サイトで案内している消費者金融は、貸金業協会加盟の優良企業です。

借入をご利用の際は、返済計画を十分お立ての上、個人の責任においてご利用下さい。
各商品の詳細に関しては、各借入先に直接お問合せください。
※違法のヤミ金の被害が増えてきています。くれぐれもご注意ください。

安全な会社でお選びください

★ オ ス ス メ ★

知名度抜群の消費者金融!
見た目の金利や融資額だけに惑わされていませんか?
金利・知名度・来店不要などトータルバランスから
判断するとピカイチ!!
初めての人も既借入のある人もまずはココから
審査結果によりMasterCardも付けられる

フリーローン・大口ローン

消費者金融・銀行 お勧めワンポイント ご利用金額 実質年率 審査時間 借入方法 返済方法
アイフル
アイフル アイフル詳細
  • ・審査回答が早い
  • ・おなじみの大手消費者金融
  • ・初めての方でも安心
500万円 4.5~18.0% 最短30分 自社ATM
銀行・コンビニの提携ATM
口座振込
店頭窓口
自社ATM
銀行・コンビニの提携ATM
銀行振込
店頭窓口
SMBCコンシューマーファイナンス
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 プロミス 詳細
  • ・知名度も抜群で安心
  • ・初めての方にオススメ
  • ・大手消費者金融
1~500万円 4.5%~17.8% 最短30分で回答 プロミスATM
提携会社ATM
口座振込
店頭窓口
プロミスATM
提携会社ATM
銀行振込
店頭窓口
口座振替
アコム
アコム アコムの詳細
  • ・迷ったらココ!!
  • ・CMでおなじみの消費者金融
    ・MasterCard付き
  • ・インターネットの申込フォーム がシンプル・簡単
1~800万円 3.0%~18.0% 最短30分 自社ATM
銀行・コンビニの提携ATM
口座振込
店頭窓口
自社ATM
銀行・コンビニの提携ATM
銀行振込
店頭窓口
楽天銀行
楽天銀行スーパーローン 楽天銀行 詳細
  • ・安心の楽天銀行
  • ・金利が魅力
  • ・是非検討の価値有り
10万円~500万円 年4.9%~14.5% 最短即日 銀行・コンビニの提携ATM
口座振込
Pay-easy(ペイジー)
銀行・コンビニの提携ATM
口座引落
銀行系モビット
モビット モビット 詳細
  • ・審査時間も文句なし
  • ・低金利・高融資額
1~800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
銀行・コンビニの提携ATM
口座振込
銀行・コンビニの提携ATM
銀行振込
口座引落
※1 保証料年1.2%相当を含む (約定金利 年4.6%~13.6% 別途保証料年1.2%相当がかかります)
※2 2014年7月1日現在の適用金利です。
※モビットは申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

新着情報やtopicsなど

  • オススメ消費者金融 変更しました(6/30)
  • 三井住友カード 新規掲載開始(4/1)
  • オススメワンポイント 更新(3/17)
  • 本年もよろしくお願い致します(1/1)
  • 年末の営業は12/29までとなります(12/20)
  • リンク集ページのリンク切れチェック(12/10)
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン 金利変更(10/1)
  • オリックスグループの【オリックス・クレジット】関東財務局の登録更新 登録番号9→10(3/16)
  • 消費者金融・銀行のお勧めワンポイント 加筆(3/15)
  • 【三井住友銀行カードローン】掲載開始(2/14)
  • 用語集の内容 拡充、更新しました。ご参考に(1/11)
  • 2011年営業開始いたしました。(1/3)
  • 【オリックス・クレジット】個人事業主専用ORIX CLUB CARD 掲載開始。(12/23)
  • 【オリックス・クレジット】カードレスVIP掲載開始。(12/22)
  • 【アコム】関東財務局の登録更新 登録番号9→10(12/21)
  • 【楽天銀行スーパーローン】金利4.9%~14.5%に変更されました。(11/13)
  • ヤミ金見分けPOINT 更新しました。見分ける参考にしてください。(10/26)
  • 【住信SBIネット銀行】掲載開始 高スペックなプレミアムコース。(9/9)
  • カテゴリ 女性専用ページ 修正(8/25)
キャッシングのお申込みについて
当サイトは借入を推奨するものではありません。消費者金融・銀行のご利用に関しては、きちんと返済計画を立てて必ずご自身の判断で
ご利用ください。
ここでは、お借入について、いくつかポイントをご紹介します。
実質年率は、最初は高い方の金利同士を比べることをお勧めします。例えば、5.0%~15.0%の場合、最初は15.0%もしくはそれに近い金利で借りられる場合がほとんどで、返済を重ねて、実績を作っていくうちに、金利を下げてもらえたりします。
ご利用限度額は高ければ高いほどいいという訳ではありませんので、自分が借りたい以上の限度額のローン商品ならいいでしょう。
実質年率(金利)、ご利用可能額、審査時間などその他の情報に関しては、可能な限り最新の情報に更新しておりますが、念の為、申し込む先の
ホームページにて詳細スペックに関しては再度ご確認ください。
また、注意点として必ず借りたいからと一度にたくさんの消費者金融や銀行に申し込みすぎると、反対に審査に落ちてしまう場合があります。
これは信用情報機関というものを利用して各社が申込した人の申し込み状況を確認できるので、一気にたくさん申し込んでいることが分かる為、
不審に思われるからです。大体3社程度ならあまり問題ないと言われています。6~8社は多いと思われます。
この辺の判断も消費者金融によって異なるので、一概に何社ならOKで、何社以上はNGとは言えません。
総量規制についても概要をご説明します。よく分からない方は銀行のカードローンに申し込む方が良いでしょう。
総量規制とは消費者金融など(銀行は対象外)での借入が年収の3分の1を超えては借りられないという決まりです。